Fandom

トランスフォーマーウィキ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

< トランスフォーマー

2,255このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
不明
属性
第1引数 不明
第2引数 不明
第3引数 不明
その他の属性

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』(原題: Transformers: Dark of the Moon)は、2011年のマイケル・ベイ監督による映画。1980年代から玩具・アニメーション・コミックで展開されてきた『トランスフォーマー』を原作とする、2007年から続く実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの第3作でシリーズ第1部の完結編。シリーズで初の3D映画。

アポロ計画陰謀論を元に、地球全体を巻き込みシリーズ最大級のスケールで物語が展開される。

概要 編集

本作はアポロ計画陰謀論を元に物語が展開される。2作目で若干過剰気味であった下ネタ要素は今回では封印するという[1]。これまでヒロインのミカエラを演じたミーガン・フォックスがスピルバーグの指示によって降板。ロージー・ハンティントン=ホワイトリーがミカエラに代わるヒロインとして「カーリー」を演じる。メインスタッフからは前作まで脚本を勤めていたアレックス・カーツマン&ロベルト・オーチーのコンビが降板し、前作で加わったアーレン・クルーガーが一人で脚本を担当することになった。

新キャラクターとしてディセプティコンの防衛参謀「ショックウェーブ」や、前作で名前のみ登場した「センチネル・プライム」などが登場する。また本作からはゼネラルモーターズに加えてメルセデスベンツフェラーリの協力もありサウンドウェーブ、ミラージュ等変形するキャラクターはもちろんのこと劇中でメルセデス、フェラーリ等高級車が多数登場する。また前作で登場したオートボットのザ・ツインズ(スキッズ、マッドフラップ)は登場しないと公式で発表された。(ただしザ・ツインズが変形する車種は撮影現場で発見されている。また、小説版とコミック版には登場している。)

シリーズ初の3D作品であり、アバターで使用されたフュージョン・カメラ・システムを用いて撮影されている。ベイ監督は元々、本作を3Dで制作しない方針をとっていたが、本シリーズのファンであると公言しているジェームズ・キャメロンの強い勧めで本作は3Dフュージョン・カメラ・システムで撮影された。一部のシーンでは、フュージョン・カメラで撮影された映像とロボットの合成が複雑なシーンがあったため、通常の2Dで撮影し、後に3Dに擬似変換しているシーンが含まれる。

あらすじ 編集

1969年、アポロ11号による人類初の月面到達が達成された。だがその際、人類はそこで異星人のもの(後にトランスフォーマーであると判明)と思われる宇宙船の残骸を発見していた。人類はそれを極秘としたが、それは後に起こる悪のトランスフォーマー軍団ディセプティコンによる地球侵攻の足がかりとなるものを示すものであった。そして現代。トランスフォーマーの存在が公となって以来、善のトランスフォーマー、オートボットは民間人達との間に問題を抱えながらも人類との同盟を続けていたが、同盟が結ばれた際に締結した条約に反してアメリカ政府がその事実を秘匿していた事をオプティマスが知ったことをきっかけに事態は大きく動き出す。

登場人物 編集

人間 編集

主人公。プリンストン大学を卒業したが卒業までに就職できず、就職活動のためワシントンに出てきている。今作までの間でミカエラと別れており、さらにPTSDも患っている。
親友であり愛車であるバンブルビーがNESTの任務で留守がちであるため、代車として中古のダットサンを新たに購入している。
今作までの間でサムがワシントンで知り合って付き合い始めた相手。争いごとを好まず戦いに巻き込まれていくサムの事を心配する。 
NESTの現場指揮官で大佐。
元NESTの現場副官で現在はNASAで仲介役をしている。
第1作目ではセクター7のエージェントだったが今はレストランを経営している。今回はその関係でミアリングに呼び出される。これまでとは違いオートボットに絶大な信頼を置いている。
アメリカ国家情報長官。前作のギャロウェイに並ぶ高圧的な保守主義者。
オートボットの警告を聞かず“あるもの”を押収した事で最悪の事態を引き起こす事になる。
資産家で自動車と芸術品のコレクター。カーリーが勤める会社の社長。カーリーに対して好意的に接するのに対してサムが嫉妬を感じ始める。
アキュレッタ・システムズ社の副社長。サムの情報を知って無理やり入社させる。
KGBという過去を持つシモンズの執事。
サムを執拗に付け回すアキュレッタシステムズの社員。
実在のアポロ11号の宇宙飛行士。本作ではトランスフォーマー達の情報を持ち帰ったという設定で本人がカメオ出演する。
異星人の情報を調べさせるため表向き宇宙競争に乗っかる形で、アポロ計画を始動する。
ちなみに演じるブレット・スタイムリーは『ウォッチメン』でも特殊メイクを施してケネディを演じている。
シモンズを攻撃的に取材して追い返される役でカメオ出演。

その他

トランスフォーマー 編集

今作においてトランスフォーマー達はロボットモードに変形しなくてもビークルモードから直接武器を展開する機能を披露している。

オートボット 編集

前作においてトランスフォーマーの存在が公となったためにオートボットはNESTとあわせ民間人に明らかにされている。しかし、オートボットへの直接的な関わりの少ない民間人の間では対ディセプティコン作戦で結果的に被る被害もあってオートボットに対する不信感が燻っており(路地の落書にオートボットを非難する文句が書かれてたり非難運動が起きている)、オートボットとNESTは民間人との間に静かな緊張をはらんでいた。その緊張緩和のためにディセプティコンと戦い続ける傍ら人類の国際社会の自由と平和維持活動への協力も請け負っている。 また、オートボット内でも地球と人類に対する考え方に温度差が見られ、オプティマスやバンブルビーのように親人類派のものもいればレッカーズのように無頓着なものもいる。ただし、サムに対してだけは前作での活躍もあって全面的な信頼を寄せている。

オプティマス・プライム(ピータービルト・379・トレーラートラック)
声:ピーター・カレン / 吹替:玄田哲章
オートボットの現リーダー。
本作ではG1のようにコンテナを牽引する。さらにロボットモードでは背中に大型のジェットパック(前作のジェットファイアのものとは別物)を装備し飛行能力を身につけている。
前のリーダーであり師でもあるセンチネル・プライムを尊敬している。
身長8.5m 体重43t(電撃ホビーのデュアルモデルの記事)
バンブルビー(シボレー・カマロ5th・カスタムモデル)
トランスフォーマーサイドの主人公で、サムの親友。今回からNESTに加わっている。
前2作に続き、本作でもボディをリニューアルしている。
ワシントンロケにて撮影用車両の1台が撮影中に事故に遭った(carviewニュースより ) 。
身長4.9m 体重1.6t(電撃ホビーのデュアルモデルの記事)
アイアンハイド(GMCトップキック・C4500)
声:ジェス・ハーネル / 吹替:北川勝博
オートボットの副官。NESTの現場指揮官レノックスのパートナーでもある。
ラチェット(ハマーH2レスキュー車)
声:ロバート・フォックスワース / 吹き替え:浦山迅
本作ではカラーリングが全面的に変更され、白いラインが入っている。
サイドスワイプ(シボレー・コルベット・スティングレイコンセプト・コンパーチブル)
声 :ジェームズ・レマー
本作ではコンパーチブル仕様(オープンカー)になっている。
今回、サイドスワイプなど前作から登場したオートボットがどのようにして地球に来たのかが判明する(小説版より)。
ホィーリー(R/Cカー)
声:トム・ケニー / 吹き替え:落合弘治
元ディセプティコンだったが、前作でオートボットに鞍替えした。現在はサムのところにいる。
センチネル・プライム(ローゼンバウアー パンサー・6x6 化学消防車)
声 :レナード・ニモイ
オプティマスと同じくプライムの子孫の生き残り。オプティマスより前の指導者で、彼を次期指導者に育て上げた(小説版より)。
オートボットとディセプティコンの双方にその名が知られる伝説的戦士(バイオカードの記述より)。
1969年、アポロ11号の月面到達の際発見された宇宙船アーク(名前はトイ版より)内で眠りについていた。
故郷のサイバトロン星を復興させることを望んでいる。
前作でも名前のみ登場していた。
声を担当するレナード・ニモイは、『トランスフォーマー ザ・ムービー』にてガルバトロンの声を演じた経緯があり、マイケル・ベイとは親類関係にあたる。一度引退を発表したが、本作で俳優業を復帰することが伝えられた。
本シリーズの第1・2作の脚本を担当したアレックス・カーツマンロベルト・オーチーは、ニモイ(スポック・プライム役)が出演した2009年版『スター・トレック』の脚本も書いたが、本作の終盤、センチネル・プライムがスポックの台詞を喋るシーンがある。
レッカーズ(ロードバスター・トップスピン・レッドフット)(シボレー・インパラ ナスカー仕様)
緑のロードバスター、青のトップスピン、赤のレッドフットの3名からなる。技術者集団で、彼らのみNEST所属ではなくNASAに所属している(小説版より)。地球では3名ともそれぞれ異なる重武装化を行ったシボレー・インパラ ナスカー仕様の形態をとっている。
彼らにとって地球はあくまでも単なるディセプティコンとの戦いの場のひとつでしかないが(バイオカードの記述に基づく)デイトナは気に入っている(小説版より)。
Que(キュー)/ホイルジャック(メルセデスベンツ・E550)
声:ジョージ・コー
アインシュタイン博士に似た顔立ちのオートボット(コミック、小説と児童向けの絵本やIMDBのサイトでは、名前はホイルジャック 予告PVとTVスポット予告で一瞬確認できる)
技術屋でNESTの隊員の装備の一部を手がける等、比較的人間には好意的。(児童向け絵本より)
ディーノ/ミラージュ(フェラーリ・458・イタリア)
声:フランチェスコ・クイン
ホログラフによる透明化能力をもつオートボット。(コミックと児童向け絵本では、名前はミラージュ)
両腕にカッターを装備している。人間にあまり好感は持っていない(コミックでは人間に対し不穏な言動が目立つ)がオートボットとしての役目には忠実で踏み外すことはない。
ブレインズ(?)
声:レノ・ウィルソン
ホィーリーの友人で彼もまたオートボットに鞍替えした元ディセプティコン。ホィーリーと共にサムのところにいる(小説、コミックより)。TVスポット予告にて。

ディセプティコン 編集

今回のディセプティコン部隊は月に潜伏しており、あることを切っ掛けに大部隊を送り込み地球へ総攻撃を仕掛ける。本作では前作とは比較にならないほどの規模で作戦を展開し、さらに多数の宇宙戦艦や小型戦闘機、そして巨大なワーム型掘削マシン「ドリラー」などの新たな兵器を投入して来る。

メガトロン(マックトラック タンカートラック)
声:ヒューゴ・ウィーヴィング / 吹き替え:中村浩太郎
オートボットとNESTからの逃亡の過程で地球のタンカートラックをスキャン。
前作での戦いで受けた傷によって顔の片側など全身が大きく損傷しており、背中にライフルのような銃、上半身にマントを背負っている。
スタースクリーム(ロッキード・マーティン F-22ラプター)
声:チャーリー・アドラー / 吹替:宮澤正
前作同様ラプターF-22に変形し、全身の刺青も健在。
サウンドウェーブ(メルセデスベンツ・SLS・AMG)
声 - フランク・ウェルカー
本作では地球上に降下し、スポーツカーをスキャン。今回も主に諜報活動を行なっている(ハズブロサイトより)。
ヴィークル形態はゲーム版のPVが初出。体色は前作の金属光沢のある青から純白に変更され、ミュージックレーベルのソニックホワイト版を思わせる。
ショックウェーブ(エイリアンタンク)
声 - フランク・ウェルカー
真の意味でメガトロンのライバル足りうる実力を持つ、ディセプティコンの科学者。性質はG1同様、残酷なまでに効率的かつ論理的であるという。
メガトロンの後を追い、キューブ探索のため地球に到達していた。(ハズブロサイトより)
G1同様単眼で、片腕に巨大なキャノン砲(玩具では粒子波動砲と設定されている)を搭載している。
レイザービーク(オフィス用コピー機)
声 -キース・ザラバッカ
G1のコンドル同様、鳥型を模したディセプティコン。
ゲーム版のPVではサウンドウェーブと共に行動している。
なお玩具版ではコピー機ではなくエイリアンジェットに変形している。
名前はハズブロサイトより。当初はバザードと仮称されていた。
ギャラクシーフォースに登場したキラーコンドルに近いデザインになっている。
ドレッズ(クランクケース・クロウバー・ハチェット)(シボレー・サバーバン)
ディセプティコンの密偵。その名の通り頭部にドレッドヘアーのような物が生えているのが特徴。
ほぼ同型ではあるが、クランクケースとクロウバーは比較的人型に近い形態(クランクケースのほうがやや人型寄りの体型)でハチェットは肉食獣型の形態(ハチェットは玩具では戦闘機へ変形)。
ヴィークルは全員シボレー・サバーバンの形態をとっているが、玩具では異なった物に変形する。
三体ともシボレー・サバーバンの姿でオートボットとカーチェイスを繰り広げている様子がロケで確認されていた。
これ以外にも同型の別個体が何体か登場している(予告PVおよび小説版より)。
ザ・ドクター(スカルペル)
ディセプティコンの軍医。破損したメガトロンの頭部の補修作業を行っている。
ダンプトラック型ディセプティコン
ロングハウルと同型のディセプティコン。予告PVにて。
スポーツカー型ディセプティコン
サイドウェイズと同型のディセプティコン。予告PVにて。
戦車型ディセプティコン
ブロウルと同型だが体色が薄茶色で、前作公開時に発売されていたデザートコンバットブロウルに近い姿となっている。予告PVにて。
蠍型ディセプティコン
スコルポノックと同型のディセプティコン。予告PVにて。
パトカー型ディセプティコン
バリケードとほぼ同型だが、同一個体であるかどうかは不明。予告PVにて。
ディセプティコン・プロトフォーム
スキャンデータを反映していない素の形態。本作においてもこの状態のディセプティコン兵士が多く登場する。予告PVにて。

事件 編集

バンブルビーの事故
前述の通り、ワシントンでの撮影中にバンブルビー役のシボレー・カマロが突如現場に現れた地元警察の警察車両に衝突し、フロント部分及びボンネットを酷く損傷、大破するというアクシデントが発生した。また、当時公開撮影を行っていた為、見学に来ていた多くの一般人がその光景を目撃されており、同時に映画情報ニュースサイトや動画配信サイトYouTubeを媒介にネットを通じて全世界に報じられる事態になり、一時期は製作・放映中止の声もささやかれた[2]
ミーガン・フォックスの降板
前作・前々作でメインヒロインのミカエラ・ペインズの役を演じたミーガン・フォックスが、監督のマイケル・ベイや撮影スタッフらとの確執が原因で自ら降板することになった。これはあるインタビューで監督の撮影現場での指揮に対し、「彼は独裁者ヒトラーのように傍若無人に振舞っている」と批判した事が皮切りで起きた事で、撮影スタッフのみならず製作のスティーブン・スピルバーグまでもが激怒する形となり彼らも反撃とばかりに彼女を批判するという事態になった。この事に対し監督は「彼女はまだ未熟なところがあるから仕方ない」と懐疑的な発言で事態を収めようとしていたが、スピルバーグからの直訴をきっかけに自身も彼女に降板を促すようになる。結果としてミーガンは自ら降板する意向を示した事がパラマウント・ピクチャーズにて報じられた[3]。このミーガン降板の事態に対し、監督ら製作陣は既に完成していたシナリオを急遽大幅に変更し、カーリー・ミラーの登場やカーリー役のロージーを新たに起用することで事態を収拾させた。
エキストラの事故
バンブルビーの事故の一月前のインディアナ州ハモンドで、撮影中に牽引車が女性エキストラの乗っている車を運ぶ最中に突然車をけん引していたケーブルがちぎれ、千切れた拍子に女性エキストラの乗っていた車めがけてケーブルが弾け飛び、フロントガラスを突き破って女性エキストラの頭部に直撃したことで脳を損傷、昏睡状態に陥る重傷を負うという事故が起きた[4]。事故を起こした牽引車のケーブルは、溶接は資格のある作業員によって行われており、必要な安全措置はとられていた。
この事故が原因で翌日のシカゴでの撮影は中止になるも、インディアナ州の健康安全課のスポークスマンは上記の安全措置の確保が確かであった事と「不運で予測できなかった事故だった」として、パラマウント・ピクチャーズに対する罰金を課せられる事はなかった。この処置に対し被害にあった女性の家族は、スタジオとロケーション担当者が安全義務を怠ったとして法的措置をとる構えをとった。
因みに事故に遭った女性エキストラはロヨラ医療センターで脳外科手術を受けたことで一命を取り留め、脳を損傷した事で体の一部が麻痺し、事故のショックから一時期会話ができなかったが回復に向かった模様[5]

サウンドトラック 編集

サウンドトラックは2011年6月14日に発売された。トランスフォーマー映画シリーズ前々作、前作に引き続いて恒例のリンキン・パークが、本作の主題歌として4thアルバム『ア・サウザンド・サンズ』より「Iridescent」を提供した。映画及びサウンドトラックには、映画専用に編曲されたバージョンが使用・収録されている。リンキン・パークは前作同様に本作でもスティーヴ・ジャブロンスキーと共に劇伴も担当している。また、パラモアが楽曲「Monster」を、グー・グー・ドールズが楽曲「All That You Are」をそれぞれ新曲として本作に提供し、サウンドトラックからのシングルとしてリリースしている。

玩具 編集

変形・合体ギミックを盛り込んだ玩具の製作・販売は前作に引き続き、トランスフォーマーシリーズの「原案」を手掛ける玩具メーカー、タカラトミーとハズブロが参加している。玩具は前作同様、映画公開に先駆ける形で2011年5月14日に発売された。 今回はメックテックと呼ばれる武器機能を搭載して発売されているが、前作や前々作の玩具と比べて全体的に一回り小さく制作されている。またオプティマスプライムやメガトロン等主役級のキャラクターのリーダークラスの商品が制作されておらず、前作より変形が簡略化されているものが多い。 また本作ではサウンドウェーブ、ホイルジャック等メルセデスベンツの車種から変形するキャラクターに関して会社側の使用許可のライセンスが他のキャラクターより遅く取得され、10月に遅れて発売する玩具も多数ある。なお、ザ・ツインズ未登場の公式発表で、以前、雑誌等で本作未登場と公表されていたアーシー、ジョルトを入れた4点が劇中用キャラでは玩具展開のみ(アーシーは日本版のみの販売)の商品となる。

参考文献 編集

  1. 「トランスフォーマー3」は3Dに! 新悪役はショックウェーブ. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2010年6月15日). 2010年10月18日閲覧。
  2. 詳細な事故映像。外部リンク:[1]
  3. ミーガン降板の記事。外部リンク:http://news.walkerplus.com/2010/0521/2/
  4. http://www.cinematoday.jp/page/N0026710
  5. http://www.cinematoday.jp/page/N0027607

外部リンク 編集


{{{header}}}
{{{body}}}
このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアのコンテンツが使用されています(著者を閲覧する)。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia