FANDOM


トランスフォーマー/実写映画 > トランスフォーマー/ロストエイジ


トランスフォーマー/ロストエイジは、実写シリーズの第4作目の映画。主演のマーク・ウォールバーグはじめ主要登場人物に新キャストを迎え、ディセプティコンを辛くも撃退したオプティマス率いるオートボット勢と人類を待ち受ける新たな戦いのはじまりを壮大なスケールで描き出す。侍がモチーフの二刀流トランスフォーマー“ドリフト”の声を日本の渡辺謙がキャスティングされた。

ストーリー編集

地球征服を目論むディセプティコンから人類を守った正義の軍団オートボット。しかし時代の流れと共に、政府からの迫害は激しさを増していた。テキサスの片田舎で年頃の娘テッサを育てながら廃品業を営むシングルファーザーのケイド。ある日、偶然手に入れた中古トラックがオプティマスだと気づく。そこへオプティマスらトランスフォーマーを取り締まる政府の秘密機関KSIが登場。ケイドと家族はKSIに抗いピンチになるも、目覚めたオプティマスとテッサの恋人シェーンの活躍で危うく難を逃れる。ジョシュア・ジョイス率いるKSIは人工トランスフォーマーの開発に成功し、邪魔になったオートボットの排除に乗り出していたのだった。そのころ、新しいディセプティコン、ロックダウンが地球に襲来、オプティマスとケイド親子は新たな戦いの渦に巻き込まれていく。

プロダクション編集

登場人物編集

オートボット編集

ディセプティコン編集

人間編集

トリビア編集

ギャラリー編集

動画編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki