FANDOM


トランスフォーマー/実写映画 > トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン


トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンは、実写シリーズの第3作目の映画。本作ではシリーズ初となる3Dカメラでの撮影に挑んだ。

ストーリー編集

1969年7月20日、アポロ11号は月面着陸に成功し、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは人類で初めて月に降り立ったが、全世界が見守ったこの歴史的偉業の陰で、NASAとアメリカ政府は、ある事実をひた隠しにしてきた。月の裏側には、彼らよりも先に未知の金属生命体であるトランスフォーマーの宇宙船が不時着していたのだった。しかしその後、彼らが知り得た事実が公表されることはなかった。

現代のアメリカ、ワシントン。大学を卒業したサムは新しいガールフレンドのカーリーと暮らしていた。カーリーの紹介でなんとか就職を叶えるも、再びあの悪夢が甦る。オフィス機器に姿を変えたトランスフォーマーの侵略者が、人間たちを襲い始めたのだ。そして、政府が40年間隠し続けてきた事実が最悪の事態を招くことに。もはや人間に協力するオートボットたちの応戦もむなしく、人類の希望は風前の灯火となってしまう。

プロダクション編集

登場人物編集

オートボット編集

ディセプティコン編集

人間編集

音楽編集

サウンドトラックの詳細はこちら

トリビア編集

ギャラリー編集

動画編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki